感動!超タメになるサイトを本の虫が紹介!

看板偏差値・・・というタイトルの本を読んでみた

time 2017/06/06

看板を構成する要素は様々であり、それによって人を引き付ける力があるかどうかも違ってきます。
ただ漠然と広告として書いているのであれば内容も濃くなく、伝わらないものになります。
しかし、きちんとポイントを押さえて看板を制作しているのであれば、少ない文字数であったりしてもインパクトを与えることができ、見た人を引き付けることができます。
きちんと伝えたいことや見てもらいたいことを、的確に表現する力が大切になります。

本のタイトルからキャッチーだなと・・・

キャッチーなタイトルはたくさんありますが、普段何気なく使用している言葉でも少しのエッセンスを加えることで、とてもキャッチーは言葉になります。
看板偏差値という本は、簡単な単語を組み合わせただけのタイトルになりますが、とても興味をそそられます。
その理由は、誰もがきいたことがある言葉である、偏差値が使われていることも大きなポイントになります。
偏差値という言葉を使うときは、学生などが模試などで学力を量るときに使われたりしますが、偏差値が低いよりは高い方が良いというのは誰もが知っていることです。
これが、看板という言葉と結びつくことにより、看板の偏差値はどのようなものなのか、興味を抱かせることに繋がっています。
偏差値のように数字で確認できるものであれば、見てみたいと思う心理的な部分をうまく利用しています。
キャッチーなタイトルはこのように、うまく言葉を利用して興味を抱かせるように、計算されたものでもあります。

コピーライティングの力をつけたい

看板を利用して興味を持ってもらうために行うことは、たくさんあり表現の仕方も様々です。
写真や絵だけで表現する方法もありますが、それだけでは伝えたい部分をうまく伝えられないこともあります。
そのため、的確に伝えるためにも、言葉を織り交ぜることが必要になります。
しかし、ただ言葉を使えばいいかと言えばそうでもなく、見た人の心理を理解することが必要になります。
人間の心理は、それをうまく利用することで思った通りの行動をさせることもある程度は可能になります。
そのような、コピーライティングの力を看板にも活かすことが大切です。
看板はそれを見て、その商品や会社に興味を持ってもらったり、認知してもらうために使うものです。
そのためにも、人間心理を盛り込んだ文章や言葉を利用して、うまく誘導することが大切になります。
きちんとしてコピーライティングの力を手に入れて、看板を作成する際に有効的に活用することが、集客には必要です。

down

コメントする